住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
え゛っ   マタ?
2006年06月01日 (木) | 編集 |
あぁ、日常に戻ってまいりました。
ちょっとトロントも脇においといて。

えー
先日、やっとわずかに残っていた右顎のはばったさや口のあけにくさも
なくなり、快調に食事を取れるようになってきました。
抜歯の時は、ほんとに抜歯しかしないんですよね。
で、
『今度、歯のクリーニング(歯石取り)と、歯のチェックの予約をとって帰ってね。』
とのお達しがあり、まぁ、一応クリーニングくらいしてもらうかぁ・・・と予約してみました。

ハテ。
どないなもんやろな。

今回は特にどきどきすることもなく、またまた病院へゴゥ!
クリーニングは歯科衛生士さんが一人でやってくれます。
前回とも前々回とも違うブースに通され、軽く歯のチェックを
してから、クリーニング開始です。
(ちなみにアメリカの歯医者さんの椅子って、ものすごく深く倒れます。頭の方が下がってるんじゃないかというくらいの感覚です)
かりこり、先の曲がった器具でお掃除をするのかと思いきや・・・・


電動の機械が登場。
『水がでますがいいですか?』(イイデスカモナニモ。。。ハイ・・・OKス)
胸は前掛けの上にさらに紙が置かれました
『頭上げて~』(へ?)『だから頭上げて~~!』(ハイナ)
頭の下にも紙が敷かれました・・・
コレハモシカシテ・・・かなり濡れる?????

口の中に吸引装置のチューブが置かれます。
口に引っ掛ける形をしているので、
抑えなくても口の端から水を吸い取ってくれるのです。オオ。

機械オン! びひゃっっ 顔全体に水かかる。。。。
んをぁ づめたっ

日本でも、削ったりするときに、一緒に水がでますよね。
それと同じだと思うのですが。。。。。ここはアメリカ、
程度が違う。。。
日本でも、うっすら霧がかかったように顔にもかかりますよね。水。

んが。

かかるかかるかかるかかる。顔から首へ流れ落ちるくらいです。
しかも、左右両方から!
おいおいおいおい、これは水、出すぎじゃないのかぇ???
顔の表面(目とか鼻とか。。。おでことか。。。。)は時折胸の上の
紙で水をふき取ってくれますが。。。
下は流れ放題かいっ

しかぁし、ヒトの頭の形を考えればわかりますよね
耳の下や顎から流れ落ちた水が、頭の下に引いた紙まで到達する?

ええ、えぇ、シマセンっ
すべては襟に吸い込まれていくのです!
冷たい~冷たい~~~
(口の中の水は、うまいこと吸引され、たまることがありません)

歯石取りは本当に一本一本丁寧に削っていきます。
左下から右下へ、表が終わったら裏も一本づつ。
それが終わったら上の歯。
まず、がりがり、歯石を取り、そのあと、磨きます。
ゆすぐときも、水を口の中に含ませ、口を閉じて、
口に引っ掛けた吸引機から水を吸い取るのです。
自分でゆすぐのは一番最後だけです。

かなりの水を襟が吸収した後、いやいや、かなりの時間をかけてクリーニングした後、うがいをして、終わりかと思ったら、
『ちょっと待っててね』(んにゃ?)
・ ・・・待つこと数分・・・

歯医者さん初診のときに見てくれた女医さんが登場!
(この歯医者さんは、度々調子はどう?と見に来てくれました。
理解できるように話してくれるし感じのとてもいい先生です)
そう、今日はクリーニング  『歯のチェック』もあったのです。

んがぁっと、チェックして・・・・

『左の上の親知らずが虫歯になってますね、抜歯しましょう!』
ええええええええええええええええええええええええええ
またばっしぃ?????(◎o◎)
とほほほほほ~~~~

一度、結構腫れて痛い目にあったので、今回は早めに手を打つってことで。
あきらめて、抜歯の予約とってきました。ほんとぉにトホホです。

後日、別件で専門の違う日本人の歯医者さんにかかったんですが、
『いやぁまだ抜かなくてもいいんじゃないですか』という言葉を期待して、すがるような気持ちでいましたけれど。
『僕もそこは気になりました。抜いたほうがいいでしょう』
ズバリですか!

ヘイ。了解いたしました。。。。

ということで。
またまた、抜歯することになりました(だから最初から決定だって)

次回の顛末もこうご期待?!

はぁ~~ヤレヤレ

それにしても、終わったら襟は水が絞れそうなくらい濡れてました。
寒い日じゃなくてヨカッタ・・・・・& 襟つきの服でヨカッタ2

のかなぁ?
tomo
コメント
この記事へのコメント
さっそく読ませていただきました。笑ったらあかんけど、笑ってしまいました。アメリカ人に繊細という言葉を求めてはいけません。Tomoさんは歯医者のエキスパートになりつつある?
2006/05/31(Wed) 19:50 | URL  | Yu&Kouママ #-[ 編集]
v-16さっそくのコメントありがとうございます。
『繊細』って・・・大事ですよねぇ・・・
『きっと欧米人は暑さや痛みなんかを感じないんだ!』と慰められても。。。
トホホ
2006/05/31(Wed) 20:24 | URL  | tomo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。