住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イヨイヨ(今になって書ける第2弾)
2006年05月13日 (土) | 編集 |
引き続き,書いちゃいましょう!
記憶がリアルなウチに!

ついに抜歯です.
同僚の先生達に励まされつつ,病院へゴゥ!
(ちょっとびくびく)

前日予約の確認の電話が入ったのはびっくりしましたが,基本的にすべて予約制なので,
キャンセルしたい場合は24時間前までに電話しないと罰金だそうです.
(予約券に書いてありました.後で気がついたんだけど)
で...行ったら,先週みてくれたDrが見に来てくれて腫れはひいたかどうか,
確認して行きました.今回は,抜歯ということで,麻酔等に関する承諾書にサインします.
で,このあいだのDrとは違う先生が抜くんですね.
アメリカは本当に専門が細分化されていて,抜歯や神経を抜いたりする科が
別にあるんですね,一般歯科の他に歯周病科,歯内療法科,歯科口腔外科などなど....
必要があれば,抜歯などの処置が必要な場合は専門医に紹介されて別な所にいくそうですが,
今回私が紹介されたところは,Drも数人いて,1カ所でいろいろな治療をしてくれる所でした.
なので,今回は,前回見てくれた先生ではなく,抜歯をしてくれる先生の登場です.
今回は男性のDrでした.
様子を見て,抜歯について,その後について説明があったあと,局所麻酔です.
こーーーーーーーーーの麻酔が痛かった...(;o;) 4カ所くらい打たれた気がしますがもう
これまた涙ちょちょぎれです(j_j)part2
歯科の麻酔ってばこんなに痛かったっけ???? 

舌の右半分と,奥歯周辺,唇の右側を含め,麻酔されました.
数分まって(その間何度もnumb? numb? 麻酔が効いてきたか確認しにきます)
麻酔がきいてきたらさっそく抜歯.
当たり前ですが抜歯されている間,感覚がないので,痛くないです.
気がついたら歯は抜かれてました. あとは縫うだけねっ
って,1針縫われました.目の前で針や糸が動くのはあまり気持ちの良いものではありませんね..きゅっと糸をしばる感じも気持ち分かる感じ・・・
痛くはないから,へんな感じですが・・・・
今回は,抜糸も必要がないとのことで,記念に歯を貰って,これで終わりっ
Good job! (ぴっ)
じゃないって・・・まぁそうかもしれんけど・・・
所要時間は30分弱.早い早い.ガーゼをかまされてしばらくしゃべれないけど・・・

無事に抜歯すみました.(最後に先生と握手してsmile!で終了です)
あとは,腫れや痛みがあまり無い事を祈るばかりです....

しかーーーーし.
やっぱり,後の方がつらいですねぇ.
腫れはそうでもないんですが,血が・・・・とまらない.じわじわじわじわつばに混じります.
しかも,何かを飲み込む際,当たるのか引っ張られるのか,痛みが走ります・・・・・
口もあかないし・・・・これで何を食べろって???
(当日は,やわらかいものを食べるよういわれてましたが・・・・)
でも,朝ご飯も抜きでいって,抜歯はお昼だったので,もちろんお昼も抜き
飲み込むのは痛いけどあまりにもおなかがすいたーーーーーーーーってことで,
顔をしかめながら,ヨーグルトを食べました.
た~り~な~い!
でも,いたーーーーーーーい.(傷はまったく問題ないんですが,飲み込むのが...)
てことで,氷をあてつつ,がまんがまん...
夜,チョコムースとアイスを食べ,なぐさめられながら氷まくらして寝ました・・
さすがに寝られなかったです.1-2時間置きに目を覚まし,ごろごろしてまたうとうと.
ズキズキとしたひどい痛みではないのが幸いですが・・・
腫れも思ったほどではないにせよ,しばらくは氷でもあてときますかぁ~

とほほほほ

追記
抜歯2日目にはだいぶ,飲み込み時の痛みも治まり,多少のはれぼったさがあるくらい.
これはきっとラッキーなことなのでしょう.
今度こそご飯ちゃんと食べるぞぅ

tomo
コメント
この記事へのコメント
大変だったが快方でGoodですね。直近の当方の経験です。

つい2日前やはり予約で午後4時頃、2度目の治療で親知らずの以前の治療部分が一部取れたので修復することで麻酔開始。この注射はちくり程度の痛さ。

この注射で化膿の兆候をDrが見つけて、これは抜歯も選択肢ですねどうしますかと。修復しても将来抜歯が必要になるなら抜歯して下さいと依頼。

分かりましたで10分程で抜歯開始。下の歯だったので10分程かかったのだろうか。縫合なしで脱脂綿を噛んで10分程度診察台の上で安静。

はい終了。暑いものをしばらく避けて下さいとの注意と痛み止めの薬を頂戴して帰宅。
帰路用事があって打ち合わせでコーヒーを出されたがさすがに冷めてから飲みました。

夕方7時頃通常の食事。抜歯と反対の歯で噛みました。この間もその後も若干の違和感はあったものの痛みは感ずる事無く今に至ってます。

that’s all。彼我のこの大差は何でしょう。1つは米日の医療文化、他は年齢でしょうか。

いずれも選択の余地無しを如何せんですね。
2006/05/12(Fri) 17:52 | URL  | k #-[ 編集]
抜歯自体は同じ位の時間ですよ.
切開が必要な状態だったかどうかによって違うのでしょう.
前に治療してあったのが幸いしたのかもしれませんね.
こちらはなにせ化膿具合がかなり悪かったですから.
でも,腫れもひどくなく,痛みも引きずらず,結構結構.
2006/05/12(Fri) 20:08 | URL  | tomo #-[ 編集]
痛っ!
Good jobv-218
渡米してすぐに大変だったね。
薬が可愛いのが救い?
お大事に~~e-459
2006/05/14(Sun) 01:45 | URL  | 翼 #-[ 編集]
ご無沙汰してる間に大変なことに!
災難だったねぇ、ご苦労様。
親知らず抜いた後はしばらくご飯食べた気がしなくてイヤね。
それにしても、虫歯の治療をしなくていいように日本で行っておいたのに、
まさかアメリカで歯を抜いちゃうとは・・・。さすが。
2006/05/14(Sun) 10:12 | URL  | mayu #pCLwOnAk[ 編集]
さすがって何ですかねぇ。v-8
ま、無事に「びぃるっびいるっびいるっ!」と行進はしないけど、
復活できたしぃ~
よしとするダス

皆様も、歯は大事にした方がいいですにょ。
2006/05/14(Sun) 20:03 | URL  | tomo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。