住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぴょん吉15ヶ月になる!
2009年05月05日 (火) | 編集 |
今日は(って日本は既に終了してますが)、こどもの日ですね。
日本は、GWまっただ中でしょうか。

もちろん、アメリカにGWは、ありません。
だいたい、休み自体は少ないのです。
でも、もう少ししたら、学校は長い夏休みに入ります。
3-4ヶ月ある、長いお休み。

子供達は、いろいろな種類のサマーキャンプに参加したりして、
それはそれなりに忙しいようですよ。

もちろん、家にいたら、お母さんは大変ですけど。

ま、夏休みなんて、どこ吹く風の私たち。
週末もあってないような日々が続いておりますが、
ぴょん吉、ついに生後15ヶ月を迎えました!

わーぱちぱち。

ばたばたしつつも、しっかり成長してくれています。

そして、昨日、15ヶ月検診にいってきました。

さぁて、今回は、注射はあるのだろうかぁ~~
いったい、どのくらい大きくなっているのだろうかぁ~~

受付をすませて、いつものように、
診察室に通される前に、体重を測ってもらいます。

いままでは、まぁまぁぽけっとしていたんですが、
今回は、
何かが違う。ここはどこだ。。
と、かなりの不安モード。

名前を呼ばれ、体重測定をしてもらおうと、
体重計にのせたら、大泣き

体重はかるだけじゃないのぉ~~

そして、頭囲をはかってもらうのにだっこしてもまだ泣く

こらぁ、先がおもいやられるなぁ。。。

そして、個室に通され、看護婦さんの簡単な問診。
こちらも、かなり不安げに眺める始末。
しかも、身長を測るためにベッドにねかせたらこれまた泣く

測定値はといいますと。

身長76cm
体重8.9kg
頭囲46cm

おおおおお

大きくなっている!!!

平均より小さいので、フォローアップミルクは多めに飲ませてください。
といわれて早三か月。
彼は、これまた、ものすごくたくさん飲んでくれました。

まぁ、そのせいか、食べ物を食べてくれないこともでてきたんですが。

そんなわけで、もりもり、大きくなってきました!
完全に平均の帯からドロップオフしていた成長曲線も、
日本のものでは、身長体重ともに、平均の帯の中

アメリカの成長曲線では、
身長は、なんとか下限(そんなに大きいとは思えないけど)
体重は、まぁ、相変わらず完全ドロップオフ。

あ。いわずもがなですけど、
頭囲は、日米ともに、完全平均範囲内でございます

今回は、先生の診察も、泣いてばかり。
いやだよぉ~~~

先生も、
「ぴょん吉君、もう、『ニヤリ』ってしてくれなくなっちゃったね」
そう、小さいときは、よくニヤリってしてました。

それでも、診察上、問題はなし
ヨシヨシ。
今回も、自閉症のチェックがありました。
多いんですかねぇ。。

さ。
大泣きしつつも、終わった診察。
今回は、、、


予防接種が4本
で、採血もある。
そう、前回、鉛中毒の検査のためにせっかくとったのに、
検査前に凝固して検査できなかったから!

うーん。。。

今までは、ベッドに寝かせて、体を押さえ(これは、母の役割)
太ももにぶすっ、でしたが、
今回は、体が大きくなったからか、
いすに座ったまま、母が前だっこをし、両足で、ぴょん吉の足を抑え、
手でぴょん吉の手と体を押さえる。

で、太ももにぶすっ、

でした。
これまた、当たり前だけど大泣きで。 いつでもいやなものです

それにしてもぴょん吉、やはり成長してるんですね。
私と二人で診察室にいる間は、ちょこちょこ動き回って元気なのに、
先生や看護婦さんが何かを準備したりしていると、
不安げにじいぃいいとみて、


何が何やらわからなかったのが、だんだんわかるようになってきてる!

なんとか注射を終え、ぐずぐずではありますが、比較的すぐ泣き止み、
さて、次は採血だ!!

また、指先採血かぁ、、前回痛かったのに失敗ってなぁ。。
と、思っていたら、
「採血は、採血室にいってください」

ほえ?そうなの??

大量の荷物を抱え、採血室に向かい、看護婦さんに書類を渡すと、
採血用のいすに座って待つようにいわれました。
「どこから採血するんですか? 指先ですか?」と聞いてみると、

「違うわよ。腕からとるの」

まじですか!?

赤ちゃんの採血って。。。
難しかろぉ~~~~~~~

腕ぇ~~~???

思い起こせば、生後一週間で入院騒ぎがあったときも、
採血も点滴も、ひと騒動でしたよ。

知り合いのお子さんも、結構失敗されてるって聞いてるし。。。

これを聞いてかなりげんなりの私。
押さえるのも嫌だし。
失敗されて長引くのも嫌だし。。

椅子に座ってぴょん吉をだっこ。
右腕をまっすぐにのばした状態でキープせよと。
無理無理!!!

左手は、体と左手を押さえねばなりません。
右手で、ぴょん吉の右手の前腕を押さえます。
看護婦さんも、肘がのびるように押さえつつ。。。

使う針は細いものでしたが、大人が使うのと同じ、
真空採血です。
うほぉぉ、こんなの、とれるのぉ???

と、指でチェックしたあと、ぷつっ。。。。

もちろんぴょん吉大泣き

しかぁし!!
入ったよ!血管に!!!!
一発成功。これにはびっくり。
さすがに、さされた瞬間にぴょん吉が身をよじりましたが、
なんとか確保。

試験管一本とれれば十分ですから。

終わったぁ~~~

よかったぁ、上手な人で。

その後もしばらくぴょん吉、ぐずっておりましたが、
デイケアに直行。
今回も、2時間かかりました。。。。

両太ももに二つづつ、右腕にも一つ、穴があきましたが、
ぴょん吉、元気に過ごせたようです。

張ってあった絆創膏のはじっこについちゃった黒いほこりのべたべたが。。
とれないんですけどね。。。
ま、無理にはがすのもいやがるから、こするのはやめておこ。。

なにはともあれ、
よく頑張ったぞ。ぴょん吉くん。


tomo






コメント
この記事へのコメント
ホントにおおきくなりましたね。
お久しぶりです。いつも楽しくホームページ拝見しております。
15ヶ月ですか~ホントにおおきくなりましたね。
15ヶ月と言えば、Kouちゃんが帰国したときと同じです。(全然歩いてくれへんかったけど)

この時期まで予防接種を受けとけば、日本に帰国してから受けていないのはBCGだけになっていました。(アメリカでは受けているためにややこしくなるBCGです。)

日本では健診とは別に一本ずつ予防接種を予約しなければならないし、風邪とかでは打ってくれないので、健診のときにまとめ打ちしてくれるアメリカ式は働く母にとってはありがたいシステムかもしれません。もう少し技術が伴えばですが、、、、。

日本で最近話題のHibワクチンも、アメリカで受けれたので、ラッキーでした。
2009/05/07(Thu) 15:46 | URL  | Yu&Kouママ #-[ 編集]
そうでしたね!15ヶ月でしたね~
ご無沙汰しています。
そうですね~帰国したとき、Kouちゃんは、15ヶ月だったんですね~
本当にあっという間ですね。。。
T家が帰国してから、早2年ってことですね。
うぉぉ。。。

確かに、予防接種は本人は大変だけど、いっぺんに済ませられるのはありがたいです。そのかわり、普段の病気のときは病院には行きにくいというか、
あまりいきませんが。。(汗)

ぴょん吉も本当に大きくなってきました。まだしゃべらないけど(遅い?)、
私たちのいうことも、デイケアの先生のいうことも、理解はしてるんですよね。
意思表示もいろいろでてきて、
大変ながらも楽しむようにしています。

とはいえ、私はよく、むきっと、
息子相手にしてますけど。。。
観音様にはなれないの。。。

それにしても、何かと、子供の成長については、Yu&Kouちゃん、K家のTやん、K家2のTちゃんをよく思い出しています。一緒に過ごせたのは本当に貴重ですてきな時間だったな~としみじみです。またいつか一緒に遊んでくださいね。
2009/05/10(Sun) 14:50 | URL  | tomo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。