住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーサー・C・クラーク
2008年03月21日 (金) | 編集 |
3月19日,
作家アーサー・C・クラークが亡くなったことが明らかになりました‥‥
昨年末に”生きている間に宇宙人のいるという確かな痕跡を見たかった”
と語っていたそうですが,叶いませんでした.

これで,三大SF作家といわれた人たちは誰も居なくなってしまいました.

なぜ,こんなことを?と思うかもしれませんが
実は私,SFおたく マニア 好きなのです.
中学校一年のときに,星新一の本を読んで以来,どっぷり浸かっています(笑)


ちなみに三大SF作家というのは
このアーサー・C・クラーク
(2001年宇宙の旅,宇宙のランデヴーなど)
アイザック・アシモフ
(われはロボット,ファウンデーション・シリーズなど,
 あのロボット工学三原則を提唱したひとです)
ロバート・A・ハインライン
(夏への扉,宇宙の戦士など)

この中でも私が好きなのは,ロバート・A・ハインライン
特に,“夏への扉”がお気に入り.
何度も読み返していて,アメリカにも持ってきています.
(最近は読んでいませんが‥‥)
半世紀も前に書かれたとは思えません.機会があったら,是非読んでみてください.

最近知ったのですが,
クラークの三法則,というのがあるようです.
1. 高名だが年配の科学者が可能であると言った場合,その主張はほぼ間違いない.また不可能であると言った場合には,その主張はまず間違っている.
2. 可能性の限界を測る唯一の方法は,不可能であるとされることまでやってみることである.
3. 充分に発達した科学技術は,魔法と見分けが付かない.

なかなか,うなずけますねぇ

アーサー・C・クラーク氏の冥福を祈ります‥‥

yoshi
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。