住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もみじのない紅葉狩りと、落水荘だ!
2007年11月14日 (水) | 編集 |
先日の日曜日、またもや早起きをして、
ちょっとお出かけしてまいりましたぞよ!!

土曜日も、恒例の買出しのため、いつもより早起きなのに・・・
土曜日よりもさらに早起きをして、いくことにしたその理由は・・・


紅葉

と、


フランク・ロイド・ライト設計の建築物を見学するためです。


バッファローにも、フランクロイドライトさんが設計した家があったんですよ。
仲良くしていただいたご夫婦の家の近くにあり、
お邪魔した際に、ちょこっとだけ周りを散策しました。

ああ。あれは、サンクスギビングのときだったんですね~~
ほぼ、一年前。
懐かしい・・・
もちろん、記事には書ききれませんでしたが、
ダウンタウンウォーキングツアーの際にも、車窓見学(笑)しました。

フランクロイドライトは、アメリカの建築家ですが、
日本では、かの、
『帝国ホテル』の設計をしたことで知られているでしょうか。

どうやら、日本の美術(浮世絵や木工品)も好きで、収集なども
されていたようですね。


さてさて、ここピッツバーグに移る際に、
『ピッツにもフランクロイドライトが設計した家があるのよって、教えてもらいました。

どれどれ?
と、ネットでみてみると・・・

これ、有名じゃん! おいらでも知ってるよ!』と、旦那さん。

ワタクシはちなみに、シリマセンでしたが・・


そんなわけで、一度行ってみたかったんです。

HPで調べてみると、家の中は基本ツアーで回るようで、
予約をしていったほうがよさそう。
ふむふむ・・・

夏にここに越してきて、ご存知のように?
ばたばたば~~~たばたしておりまして、
マッタク、いけなかったんですが、
9月の終わりごろ、行ってみようか~~~って話しになったんです。


んが。


HPの写真を見ていたら、どうやら、『秋』もよさげ。

せっかくだから、秋にいこうか?ってことに落ち着いたんですな。


問題は、【いつが秋じゃ】
っちゅうことでも、あるんですけど。

ここのところ、週末もなんやかやで出かけていたんですが、
さっさと寒くなってきましたし
紅葉というか、落葉しまくりですし


こりゃいかん!

と、急遽、行く事にしたのでごじゃいます。


2日前にネットで予約($18かかります)。
30分おきに、時間を指定して予約します。
したからには、行きますよ。当然
早起きしてでも!!

道を調べてみると、我が家からは1.5時間ほど。
それでも、早めにいって、早めに帰って来て、
家でゆっくりしましょ。計画がヨシと判断し、
朝10:30の予約。

予約をし、支払い画面も過ぎると・・・
確認画面とともに注意事項が。
【予約時間の30分前にはつくようにしてね
30分前?
10時じゃん・・・
はやくいってよぉそういうことはぁ~~~

と、言ってもせんなきこと・・

初めての場所なので、何かあったときのために2時間はみておこう。
ということは、
8時出発だね??

っちゅうことは・・・




まぁいい。いたしかたなし。がんばるぞぃ。

ちゅうことで、
いってまいりましたぞよ

ぶぶんとな
予定通り、家を出発。
天気予報では、晴れ間が覗き、それまでの気温より、
やや、上昇傾向。

これはいいぞ。

と、思ったのに。
思いっきり

どんよりじゃん!!

CIMG4741a.jpg


雨が降るよりはいいやねーーー

と、地図を片手に走ります。
(当然、地図担当ワタクシ。走るの担当旦那様
途中、PAの有料道路も通ります。
NY州でのI-90のようなものですね。
フリーウェイではなく、いわゆる、高速道路。です。
17マイル(25キロ)で$1.25(200円弱?)

安いような・・高いような\\\\

まぁ、それはおいといて、
相変わらず、不親切な道路標識に振り回されつつ、
知らない町へ!!

どうも、私たちの感じからすると、
NY州バッファロー周辺よりも、PA州の方が、
道路標識が小さく、地名がわからないヒトにはかなりわかりにくい。

そんなわけで、一回道を間違えましたが
とりあえず、山道をくねくねくねくね。
ものすごい急坂を登るかと思えば下り、また登り・・・
結果、すごい山の中へ突入していきます。

途中、きれいな紅葉のところもありましたよ。

CIMG4768a.jpg


おお!綺麗だね!
と、見る間もなく、登る登る・・・
そして、一旦は射した日もいつのまにか消え、
あたりは濃霧・・・
ばりばりの濃霧・・・
いかにも山道というくねくねで、さらに濃霧・・・
さすがに、時速40キロくらいしかだせませんでしたね・・・
怖かったです。

濃霧を過ぎ、少し山を下り始めたところに、
ありました!!
目的地~~~~

Fallingwater(落水荘・カウフマン邸)

結局時間通り、約1.5時間で到着!!

まだ、9:45でしゅ。
10:30まで、まだまだでしゅ。

受付で、予約の確認をすると、
呼び出し用のベルを渡されます。
参加するグループ名が決まったらお知らせするので、
一旦受付に戻ってきてね。

とのこと。
まだまだ時間があるし、とりあえず、ミュージアムショップを覗くかぁ
と、覗くと、日本風の作品が結構置いてあります。
フランクロイドライトと日本芸術。なんて感じのDVDも。
しかし、
悲しいかな、大きなお店ではないので・・・

さっさと終了

しょうがない、コーヒーでも飲んでましょ!
と、カフェに入り、注文。支払い。
さてさて。飲みますかの。

思った瞬間に呼び出しかかる!!!

早いじゃないの!!!

とりあえず、受付にいくと、
【あなたたちはグループ8番よ!あと五分くらいでまた呼ばれるわ】

その時、まだ10時・・・

早いじゃん!!

飲む暇ないじゃん!!

来た順にある程度、グループ作っていくんでしょうけど・・・
大急ぎで飲んでいると、
確かに5分後くらいにアナウンス。
【8番グループの人~ 通路を降りて、邸に向かってください】

はいはい。
邸の周りは、自然公園になっていて、自由には入れません。
いわゆる、自然散策路。を通って下っていくと・・・



見えてきました!
CIMG4744b.jpg


ここは、ともかく、【自然との調和】に重点をおかれた建築物です。
周りにあるのと同じ石を使い、
自然の起伏や巨石をうまく利用して建てられています。

近づいてみると、
クリーム色の外壁と、薄い岩を重ねた壁が印象的。
そして、足元を流れる川が、そのまま、家の下を流れます。

橋の上で、私たちのグループに解説をしてくれるお姉さんと合流。
さっそく、説明が始まります。
CIMG4752a.jpg

わかりますでしょうか?

家の下を川が流れ、
家から直接川へつながる階段があり、デッキになっています。
夏は、気持ちよさそうですよね。

残念ながら、家の中は写真撮影が禁じられているので、
写真がないのですが、
1935年に作られた頃には新しい素材であったコンクリートを
外壁に使い、家の床は岩。
窓は大きく、川の流れの音や、空気を楽しめるようになっています。
内装は基本、日本風の木製キャビネットなどが並び、落ち着いた雰囲気。

1-3階にわかれていますが、それぞれにバルコニーがあり、
自然を楽しめるようになっています。

無駄をはぶき、流れるような部屋のつながり。
天井がやや低いのですが、それも、住人にあわせた高さ。
各部屋とも、『誰が使うか』ということに重点を置き、
その人のスタイルにあわせて作られています。
なかなか、おもしろかったです
ゲストハウスも含め、約1時間のツアーでした。

ゲストハウスには、深さ6フィート(約1.8m)という
ぷち?プールもありました・・・
すごすぎです・・・( ゚д゚)

ツアーが終了して、車まで戻るのに、
来た道とは違う通路を通り、看板に『View』とあるのを発見。
いかねばいかねば。


道??というような道を進んでいくと、
出ました~~CIMG4757a.jpg

コレデスコレ。

別名『落水荘』の謂れがわかりますでしょうか。
そう、家の下を流れる川は、そのまま滝として落ちてるんです!
家はその、真上に建っているというわけ。

すごいですよね~

ちょっと寒かったんですが、やや紅葉もしていて、
さすがに、自然を壊さずに建っていますね。
綺麗でした

ちょっとした森の散策気分も味わえましたし
久しぶりに綺麗な空気を吸ったかな?

帰りも、順調に車を走らせ
なんと、一時半ごろ、家に到着。

はやっ!

途中ご飯食べようと思ったんですけどね~~
なかったんです~~~

でも、早い帰宅で、午後はゆっくりできました。
さすがに疲れましたが、面白かったです。

やっぱり、水・滝・自然とくれば、、がよさそうですね~~~


来年、また攻めますかな!


tomo
コメント
この記事へのコメント
感激!
これはまた感激な建物ですね。
Buffaloにあるお家はいかにもv-258家っぽいですが、これはまた風流がありますね。
実は私の地元栃木県の日光駅も彼が設計したものなんです。
ここはまだ存在してます!
2007/11/17(Sat) 13:36 | URL  | Kai:Haruki’s mom #-[ 編集]
そうなんですかー
Fallingwater,なかなかよかったですよ.
日光駅とは,知りませんでした.

彼と日本のつながりはなかなかに強いようですね.
2007/11/17(Sat) 23:10 | URL  | tomo #-[ 編集]
正確には・・・
ちょっと訂正v-295
正確には専門家に、「日光駅はフランクロイドライトに設計されたと思われているor噂」なんですけどね。
でもこの駅は何も保存されてないので可哀想です。。。v-390

バッファローは昨晩雪が降りましたv-276
2007/11/18(Sun) 12:06 | URL  | Kai:Haruki’s mom #-[ 編集]
なるほど
バッファローは確かに寒かったですよ・・・
いよいよ冬本番ですね!

今日はピッツは妙に暖かいです。
改めて、バッファローは寒いのだ!と認識中~~~v-11
2007/11/20(Tue) 22:30 | URL  | tomo #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。