住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばっふぁろーからぴっつへお引っ越し(どたばた編1)
2007年09月02日 (日) | 編集 |
我々,ピッツに入りました.
しかぁし.いろいろあったんでございますよ.やはし
とりあえず,
どたばたお引っ越し編からのスタートとしましょう(笑)

ちなみに長くなっちゃいました。

ことの始めは2ヶ月前.
6月頃,8月末の引っ越しが決定的になりました.
我が家のアパートの契約は来年の一月まで(一年更新).
契約期間内での退去はペナルティがあります.
選択肢としては,主に二つ

1,Buy out 
 退去の60日前にオフィスに伝えた場合に限り,その時点から
3カ月分の家賃を払う.
(すなわち,出るまでまだ2カ月あるので,
一カ月分の家賃を余分に支払う).60日前を過ぎていれば,
ペナルティーは3カ月分

2.Sublet (Sublease)
 契約期間内を,継続して借りてくれる《sublet(又貸し人)》を探す
(私たちの場合は,9月から一月までの5ヶ月間)
subletにまつわる手続き料$150を支払い,sublet募集中のリストに載せてもらって,希望者がいたら部屋を見せ,気に入ればOK

最初,我々はペナルティーは三カ月分と聞いていたので,
一カ月分であれば,いいんじゃないの???
と,ショージキ思ったんですが・・・

前述の通り,我がボスは,《subletを探すべし》ときたもんだ.
我々にとっては,《又貸し》システムそのものが,よくわからない
一体なんなんだーーーーーーーーー!!!

しかし,オフィスがいうには,
『人気のあるアパートだから興味ある人はたくさんいるのよ.
 だからすぐみつかるわよ』

ボスはもちろんこのセリフを鵜呑みにするわけだ.

『subletを探すべし』

ハァ・・・・(T。T)

そう.このsubletに関しては,興味ある人が我々に電話をしてきて,
部屋を見せる約束をしないといけないんです.
オフィスにきた人なら,オフィスが部屋見せてくれればいいのに・・・
(まだ我々が住んでいる以上勝手には見せられないと)
昼間仕事で2人とも不在にする我々にとっては,結構面倒.
夜か週末しか時間がないし,週末なんて数えるほどしかないし.

しかもだ.

我々には致命的な弱点が・・・

《電話が苦手》


電話って難しい・・・
自分からかけるならまだしも,かけてこられた場合
知らない人だと,意志疎通が・・難しいのであるよ.
『ゆっくり話して下さい』といってもダメだし.
表情がわからないので,内容を想像するのも難しく,
たいていは,『??????????』となるわけ..

まぁでも仕方がありません.


とりあえず,何もわからない我々は,オフィスに乗り込み
subletに関して聞いてみた.

そして,sublet希望にサインをして,リストに載せればいいと.

ふむふむ.
『ちなみに..この2カ月でみつけられなかったらどうするン?』
と聞いてみると,
『そうしたら残り一カ月分の家賃を払えばいいのよ』
『あ.そうなの? 一カ月分ね?』
『そうよ.でもきっと見つかるわよ

とりあえず,サインをし.安心して
誰かからの連絡を待つことにした我々.
今回の顛末で一番困ったのは,
電話がつながった瞬間フツーの超スピード英語で名前を名乗るため,
名前が聞き取れない(~_~;) 
しかも,留守電だし.

『Hi! This is ○×△! 』なんっかい聞き直してもわからない・・・
後半部は,《どうやら部屋を探しているので見せて欲しい》とか
いってるよね..とか,わかるんですけど..


なので,昼間電話に出られないことが多いと,
結局我々からかけ直すことになり,
問題は《名前わかんないじゃん》

ハァ・・・・(-。-;)

と,思いつつも,頑張ってかけるハメになるんでございます.

最初の数週間は,我々も忘れるほど,音沙汰ナシ

リストに載せてもらって一カ月弱が経過...
《どこがすぐみつかるわよだわさ.興味ある人現れないじゃん》
心の中で毒づきつつ
職場の引っ越しもある我々は,
仕事をできるだけ進めるため,激務してたんですけどね・・・

ほんっと連絡無い・・・
本当に見つかるのかなぁ・・

でも,待つしかないしなぁ・・・

アメリカ滞在の長いJ君にも聞いてみると,
オフィスのリストもいいけど,
・ 職場や学校の掲示板に募集ポスターを貼り出す
・ ネットの募集サイトに載せる(又貸しやルームメイトなどの)


うーーーーーーーーーん.面倒くさい・・・(-。-;)

そして一カ月(早いんだコレガ・・・)が経った頃・・

立て続けに電話が鳴る♪(=_=)♪
そして,ある土曜日,
二組のsublet希望者が我が家を見に来ることに!
約束は,3時と4時

2時過ぎには部屋の片づけを終え,ただ,待つ・・


んが.


2時を過ぎても2時半を過ぎても3時を過ぎても現れない...

アメリカ時間なのか???オイィ!(-_-#)

そして結局,二組とも現れず!

こんなもんなのか???

ムキー
まぁ,,,少し部屋が片づいたからいいけどさ・・(T。T)


どうなんでしょうね,これって.

そして,一カ月半も過ぎ,やばくないか???状態に.
引っ越しの具体的な日程も全然決まらないし..
職場の引っ越しも本格的に.荷物の整理におおわらわ.
でも,月末も近い.
次の家賃を払うべき時期になってしまう...

と.
また見学者から連絡あり.
さっそくアポを決め,待っていると,時間通りに現れる.
おそらく中国系でしょう.約束の時間10分前.スバラシイ
しかし!!


残念ながら希望と少々違ったようで,決まらず...
これはまずいぞ! と・・・

ボス出張にて不在.

まじかぃ!!

そして,月末に突入.ボス復活し,
秘書さんに手伝ってもらってオフィスに確認を
(-。-;) ヒトマカセジャン...


翌日,これまた超多忙な秘書さんをつかまえ,
オフィスに電話してもらう.

すると,
『subletが見つからないのなら,もう来月分の家賃を払う時期なので,
来月分と,さらに三カ月分の家賃分を支払って
えええええええええ都合4カ月ってこと??
四カ月分ってことは,結局12月まで支払うと?
・・・・そんなぁ・・・・・

『え.でもでも,2ヶ月前,subletが見つからなくても一カ月分でいいって言ってたでしょ?』
『Buy outとsubletの手続きを両方していればいいけど,あなた達はsubletしか選択してないわ.だから,今の時点から数えるしかないの.《一カ月分》っていうのはあなた達の誤解よ』

えええええええええええええええええええええええ

こりゃまたお先まっくらでありませんの.
Buffaloにいるのはあと一週間.

ピッツのアパートも8月から借りているので,両方の家賃を払う?!
そんなことできるわきゃありません.
秘書さんもかなり粘って交渉してくれるもダメの一点張り.
そう言った言わないといいあっても書類もないし・・・・
秘書さんも,《そんなの無理よね!大金だもの!》
ええ,ええ,その通りですばい..

どうしたらいいの???


『とりあえず,subletを探すしかないわ.
 あちこちにポスターを貼るのと,新聞に募集記事を載せましょう.
 日曜の新聞は誰もがみるけど,今日はもう金曜日で,
 記事の申し込み締切は木曜なのよ.
 だから今頼んでも月曜からしか載らないけど..』
『でも,載せます.だって払えないもの!』
そして,一週間分の募集記事の申し込みをしてもらう・・・
(3−4行で,一週間載せると$132位)


取り急ぎポスターを作り,
知り合いに頼んで近くの大学にも貼ってもらうよう頼むことに.

あああ.連絡を待つしか無いのね・・ つらすぎる・・・

つらいけど,職場の片づけもしないといけない・・・疲労困憊
顔にもぶつっと大きなできものができるし...
金曜~土曜は,さすがのお気楽夫婦もかなり沈む↓↓↓
食事も作る気力がないし,体力もない.
さすがに夜も寝られず・・・


しかし,時間は過ぎていく..と.
翌日の土曜日,知り合いに家具をいくつか引き取ってもらいました.
旦那さんも一緒に運び込みのため同行.
私は家の片づけ.
いよいよ引っ越しまであと4日
大きな家具がなくなり,ちょっとガラン~

一時間ほどで旦那さんが帰ってくると,
sublet希望者から電話があった!でも,2カ月希望だって』
これまた微妙じゃありませんか.
我々の契約残存は約5カ月.その人が入ってもあと3カ月.
そういうのってどうなるんだろう??

でも,チャンスではある・・・
少なくとも9/10月分の
家賃は払わなくてもいい・・・
しかししかし.月曜からは新聞に記事が載る・・・

う~~~ん

と,思いつつ,
旦那さんはラボの引っ越しの監督に行かねばなりません.

とりあえず,いってくらぁ~~~
とその瞬間,携帯が鳴る♪(=_=)♪

オフィスからで,『sublet希望者が来たの.今からいってもいい?』
もももももちろんです.どうぞどうぞ!!!

そして待つこと五分.
やって来ました.
希望がもう一つ!!! いや,もう一組!!!

ウェルカムですぅ~~~
部屋を見せると,反応は上々.
かなり良い感じ!
話しを聞くと,彼らは31日に今の住まいの契約が切れるらしい.
もう,26日ですけど・・
いや,状況は私たちも変わりませんけど...(~_~;)

『時間がないんだけど,オフィスは31日にあなた達が出るっていってたけど.どうなの?』
『いやいや,29−30には出られますよ!部屋のクリーニングにどのくらいかかるのかはオフィスじゃないとわからないけど』

逃してたまるかぃ~~~(笑)

そして,見学終了.
『どどどどうします??』
『オフィスに寄って,詳しい話を聞いてみるよ.
 何か質問があったら電話してちょうだい』
と,いいおいて,彼らは去って行きました・・・・

どうなるんだろ?????

とりあえず,旦那さんは職場へ
残された私は,しばらく片づけ.
まずは,秘書さんにヘルプ!の電話・・・

《2カ月だけ希望って人から電話があったけどどうなのかなぁ?》
《うーん.可能だと思うけど,チャンスはまだあると思うわ.
 月曜からは新聞にも載るし.
 でも,来月の家賃を払わなくて済むのはメリットよね.
 明日(日曜日)私も職場に行くから,
 相手の連絡先を教えてくれたら,確認してあげるわ!》
おおお・助かりますぅ・・

そして,オフィスに,さっきの人はどうなった電話・・・
つながらなーーーーーーーい!!!(-_-#)

残念.
でも,ちょっとした一筋の光明が・・!見えたかもしれない!!!
と,迎えた日曜日.

旦那さんは,朝から職場の引っ越しの監督へ
残された私は,またオフィスに電話をするもつながらない...

するってぇと,秘書さんから電話あり..
《朝から行く予定だったけど,ボスの帰りが遅れるから私が行くのも遅くなるわ.Yoshiはいついくの?え?もう出たの?あらら・・》
その旨旦那さんに電話する.

と,オフィスから電話あり!!!
『昨日見学した人が,subletにサインしていったの.それで,カードの履歴などの確認が終って,手続きは認められたわよ~』
え?え? それって決まったってこと?? 来月分の家賃も払わなくていいの??』
『もちろん! よかったわね! まだチェックは残ってるけどね』

おおおおおおおおおおおおおお.
神様はいるかもしれない・・・

この時点でBuffalo滞在残り3日ですから!

即効旦那さんに電話をする.

結局オフィスの引越で秘書さんも職場に呼び出しかかる・・(~_~;)

秘書さんから,昨日の見学者の人に電話をしてもらい,
サインをしていったこと,来年の一月までの期間も大丈夫なことを
確認してもらったのだー!!
オフィスにも,我々が何かサインでも必要じゃないか,最終確認をしてもらうために電話してもらったけど,つながらず.
でも,
とりあえずは,OKに 
なったのだーーーーーーー!!!


そして・・・
私の顔の赤く晴れ上がっていたできものも,
しゅるしゅるしゅる~~~~っと治癒へ向かう(-。-;)
あっというまだったねぇ・・・ストレスだもんな.完璧.

少しの不安はありつつも,部屋の片づけにも力が入る.
そこに電話.なんとボスじゃないか!!!
『subletはどうなった?
秘書さんから聞いたら,希望者はいるらしいじゃないか.ちゃんと見せるんだぞ』
『イヤ・・・昨日も見学者がきて,その人がサインをして行ったそうです・・・ 
で,その人で決まったみたいです』
『本当か? 本当か? ちゃんと書類のコピーはもらったのか?』
『いや・・まだ電話だけで.午後オフィスにいってみるから・・』
『そうかそうか,ちゃんとちゃんと,確認するんだよ.確認だ.』

ちょと安心してたとこなのに....
また不安になったじゃないか・・

午後オフィスに行ったら,閉まってる・・・(T。T)
ま,月曜に秘書さんに確認してもらってから,また行こう!

久しぶりに安心をして月曜を迎え,
またまた秘書さんに頼んで,新聞の記事もキャンセルしてもらう.
当日分は間に合わないけど,支払いも一日分でいいという.
一日分は$35位.らくしょー!!!!!
そして,オフィスにも確認してもらう.
Subletの確認もまだ最終ではないけど,大丈夫そうだと.
(いやー本当に身分確認すごいのね)
一応オフィスに寄って,部屋の退去時の状況確認(汚れとか)の
日時だけ確認してね!

おおおおおお.行きます行きます!


この日で職場の引っ越しもほぼ終了.
またまた秘書さんをつかまえて,電話などの終了手続き,および,
ぴっつでの新規契約の申し込み電話をしてもらう・・・
感謝感謝感謝でござるよ・・・・
《ぴっつで落ち着いたら日本食のランチをご馳走してね!》
もっちろんでございますよぉ~~~
何でも作らせていただきますよぉ~~~~

早めに業者さんもいなくなったので,
私たちも早々に職場を後にし,まずはオフィスへ.
部屋の確認を29日の朝一番8:30に.
Subletに関しては全ての手続きは問題なく,我々のサインも不要と.


いぇ~~~~~~~~~~~~~~~い!!!


そして,
ナイアガラにしばしのお別れを言いにいったのでございます.


長い,長い週末でした....
でも,秘書さんの多大なる助けもあり,なんとか,
丸く収まった様子.
あとは,実際の引っ越しが無事済み,部屋の確認が終れば!!

そこに向けて,ラストスパート!!!


Buffalo滞在残り2日と少し!

綱渡りでしたぁ~

tomo
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。