住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Miss Buffaloだぁ!!
2007年06月18日 (月) | 編集 |
ミスコンの話しじゃないですよ( ゚д゚)

週末の金曜日、日本人会の方から夜電話をいただきました。
『急なんだけど、明日ボートツアーがあるんだけどどうですか?
 無料よ~~~』
『あ。オモシロソウ。いきます

相変わらずの我々・・・

ということで、行ってきましたボートツアー。

夏の間常時運航されているエリー湖のボート(Miss Baffalo II
このボートは、定期運航もしてますが、
個人や団体で借りることもできるんですって!
(そんなのありなのかぁ~~~とかなりびっくり
DJ付のお誕生会などもできるそうです!



今回は、バッファローの歴史的な建造物などなどを紹介する
ガイドさんの団体が借りきって行うボートツアーとのこと。
どこに行けばいいのかもわからぬ我々は
知り合いの日本人会のご家族に同行させていただきました!

バッファローダウンタウンにある、
エリー湖畔のマリーナから出る・・・らしい。



このマリーナ、私たちもまだ行ったことがありません。
なぜかというと、入り口にゲートがあるんですよね。
で、『はいっていいのカナァ。。。だめなのかなぁ・・・
と、悩んだ挙句、
『君子危うきに近寄らず』ということで、
あっさり敗退してたんであります
(イヤこれは使い方間違ってるな・・・)


ところが、ここ、
ダレでも自由に入って良いんですって!
マリーナ周辺は公園のようになっていて、
アイスクリーム屋さんや、軽食のお店などもあるとのこと。

駐車場に車を止め、船着場までてくてくいくと、
途中のベンチ下に、なにやら。発見。
なんじゃこりゃ???
CIMG3445a.jpg


家の近くにいるリスより断然大きい。ウサギくらいでしょうか。
昼寝(仮)してました・・・
彼(か彼女)は、一体何者???
大きなげっ歯類。ということで、落ち着きました(いいのか?

乗る前に、前日お誘いいただいた方の旦那様にご挨拶。
残念ながら今回ご一緒はできないとのことで残念

さてさて、いよいよ乗船!!

乗る前に、ポストイットのようなものをくれました・・・
服に貼り付けておくようですが・・・・
CIMG3457a.jpg

イイノカコンナンデ??
ちなみに、私たちは下船するまでの間に
どこかに吹き飛んでいってしまいまいした・・スイマセン

バッファローのダウンタウンを湖から見るのは初めて!
エリー湖から、一度ナイアガラ川になり、
ナイアガラの滝を過ぎて、オンタリオ湖へと水が流れますが、
オンタリオ湖は見に行ったことがあっても、
エリー湖ってジツハあまりちゃんと見たこと無いんです。
車からちょっと眺める・・・くらい。

なので、楽しいぞぉ~~

お天気もいいし。
ボートは二階建て。
二階はこんな感じでテーブルがあります。
CIMG3454a.jpg

一階は一応壁で覆われていて、やはりテーブルが並んでます。
CIMG3486a.jpg


風がまだちょっと冷たかったんですが、
いいお天気でしたので、気持ちよかったです!

まずは、出航して数分。湖からみるダウンタウン

CIMG3449a.jpg

ナカナカ風情がありますね
数分進むと、なにやら建物が見えてきました

なんじゃこりゃ?
CIMG3460a.jpg


これ、ポンプなんですって。
全然しらなかったんですが、私たちの飲料水は、
エリー湖の、まさにこのポンプでくみ上げてるそうです!
そそそ、そうだったのかぁ~~~
なんとなく、【ナイアガラ川】から引いているのかと思ってました。

湖では、釣りをしている方もたくさん!
船で出ている人も岸辺でしている人も。
CIMG3465a.jpg

ボートが通ると、戦利品(?)を見せてくれる人もあり。
結構大きな魚でした!すごいなぁ。

湖を、出口のほうへ向かって進むと、
ピースブリッジが、あります。
ここは、一番ダウンタウンよりのカナダとの国境です。
私たちはまだ使ったことはありませんが・・・
ちゃんと橋の真ん中には両国の国旗
CIMG3471a.jpg


この位置関係からすると、我々の乗るボートはカナダ側
いるのかしらん??
やっぱりなんだか不思議ですね
コノ橋のあたりから、湖は川になり、オンタリオ湖へ向かいます

ボートも橋をくぐり、下っていきます。

カナダサイドは家々が立ち並んでのどかな感じ。
アメリカサイドは、道路が走っているのであまり家は目立ちません。

しばし下ると、アメリカ側に属する小さな島が見えてきました。
Squaw Islandというそうです。
この島に沿って、ぐるりとエリー湖方面に戻ります
Black rock cannalという、小さな運河になるんですね。
川をさかのぼっていくと・・・・


またナイアガラ川に合流する際、運河と川の水面に差があるため、
水門を使って水位を調節。ボートを通行させているとのこと。

ちょっと楽しみ!!
水門を過ぎると、岸にお兄さんが飛び移り、
船は一旦壁にしっかり留められます。
CIMG3477a.jpg

ちなみにこの手すりは二階です。
船が停止すると、水門が閉じ始めました!
CIMG3479a.jpg

おお。わくわく。
船は壁にぴとりんこと留められてます。

DSCF2279a.jpg

そして、壁の濡れたところにご注目
この手すりは、一階の手すり
二階の手すりは天井のように見えるところ。
そう、こんなに水位が違うんですね!
ここまであがるのかぁ~~~~と思っていると、
じわじわと上がり始めました。
最終的には、一階の手すりからみるとコンナ感じ
DSCF2289a.jpg

水位があがる前に、船を止めたお兄さんがあるいてたところも、
一階から私でも手が届くくらい、上昇しました。
おおお。変な感じ・・・・

そして、十分水位が上がれば、前面の水門が開きます。

開け~ゴマ。
DSCF2296a.jpg

そしてそして、水門の先には、鉄道が通る、橋があるんですが・・・
これまた、船が通る際には動くんです

この橋は、真ん中を中心にぐるりと水平移動します。
おおおおおおおおおおお。
動いてる!!
CIMG3497a.jpg

十分開いたら、船が通過します。
ちなみに、真ん中にある機関部
CIMG3500a.jpg

車輪が見えますね。これで、ぐるぐるんと移動すると・・・
いやーすごい重そうですけどね・・・すごいなぁ・・・
最終的には、完全に川と平行になります。
CIMG3501a.jpg


もちろん、船が通ったら戻りますよ~

タイヘンだ!

そっちに目を奪われていたら、
今度は前に別の橋が!しかも、すでに持ち上がっている!!
CIMG3508a.jpg

ナンダナンダ忙しいですね
コノ橋、右側の小島に渡る際に使われるもの。
そう、普通の車が通る橋です。
船が通る際には、上に持ち上がると・・・
車は橋が戻ってくるまで、待機。ですね。モチロン。
CIMG3511a.jpg



なんだか、すごいなぁ・・・

すごいといえば、この島、南の端は公園になっていて、
エリー湖に向かって細い細い遊歩道(といってよいのかしらん)が
どこまでぇ~~も伸びております。
CIMG3515a.jpg

結構な長さです。
結構お散歩してる人もいましたが・・・・
(行ったら帰ってこないといけないんだよネェ・・・)
とつい思うわたくし。
だって。。。どこま~でも、どこまぁ~でも♪な勢いですよ?
CIMG3522a.jpg


結局この遊歩道、当然岸とはつながっていず。
先端で釣り(昼寝?)してる人もいました~~~
頑張って戻ってくださいね~~~

途中、また建物などの説明などありつつ、
遊歩道の先端まで戻ってくると、
そこはスデニ再びエリー湖

ボートやヨットなどもでてまして、結構賑やかでした。
そして、遠くには風力発電の施設が!
CIMG3537a.jpg

これは、極最近できたもののようです。

そして、船着場は、バッファロー川にあったんですね( ゚д゚)
ここに戻っていくんですが、
先端には灯台があります
CIMG3540a.jpg


こじんまりとしてますが、きれいな灯台です。

そして、船着場のちょっと上流は、
Baffalo naval parkになっていて、
リタイアした軍艦が停泊しています。
CIMG3546a.jpg

今はミュージアムになっているそうです。
結構大きくて立派ですねぇ・・・・


さてさて、戻ってきました船着場に!
なんとジャスト12時!
出航はジャスト10時でしたから、ぴったり二時間です。
・・・すごいですねぇ・・・
プロですから・・・とは思うものの、
橋や水門の待ち時間をいれ、ぴったりになるんだから・・

ご一緒させていただいたご家族は、
前記のおいしいというアイスクリーム屋さんにいかれるとのことで、
我々はせっかくなので、少々お散歩してみることにしました。
お世話になり、ありがとうございました。

さてさて、マリーナにそっててくてくと行くと、
CIMG3547a.jpg

先端近くに展望台がありました。
上ってみると、教えていただいたとおり、綺麗な景色!
エリー湖からナイアガラ川
CIMG3548a.jpg

ダウンタウン側は住宅街になってましたCIMG3550a.jpg

そして灯台方面CIMG3553a.jpg

そしてカナダ方面CIMG3556a.jpg

お天気もよく、とても綺麗な景色も楽しめました

お誘いいただき感謝感謝です!
行ったことが無いところにいくのは勇気が要ります。
また一つ、
誰かが尋ねてきてくれたら連れてきたい場所が増えました!


tomo
コメント
この記事へのコメント
それって・・・
オポッサムじゃないですかねぇ。この間、全ゲノムが解明されたってやつです。
2007/06/19(Tue) 00:00 | URL  | しみず #-[ 編集]
おぽっさむ
一瞬,オポッサムに見えなくもないんですが,
よく見ると
顔つきがそれらしくないんです.
どちらかと言うと,ビーバー系
尻尾も長くなく,
木に登れなさそうな感じ.

なんなんだろう‥‥
2007/06/19(Tue) 17:57 | URL  | yoshi #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。