住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リアル・チャイニーズ・フード
2007年06月13日 (水) | 編集 |
今日,職場で
JJ君の学位修得記念,前秘書さんのさよなら会等を
兼ねたランチ・パーティーが催されました.

メニューはいつもなら
アメリカン・イタリアン

アメリカン・チャイニーズ

で,昨日‥‥

メニューの選定は,J君に任されていました.

J君,居室に戻ってくるなり
”このメニューから,食べたいものを教えて
 明日出すメニューをその中から選ぶよ.”
と持ってきたのは,
イタリアンとチャイニーズのメニュー

味は大丈夫なの?
と聞くと
”大丈夫,
 このイタリアン・レストランのオーナーはシシリー島出身で
 本場の味だよ.
 こっちのチャイニーズの方は,この間のランチ・パーティー
 食べたやつ.問題なかったでしょ.”

う~ん,確かに.大丈夫そうだ.

メニューから料理を選んでいると
主賓のJJ君が来室

J君”JJ,いいところに来た.
   この中から,食べたいものを選んで”

JJ君”イタリアンかぁ‥‥”
J君”ボスは,イタリアンが好きだからね.
   皆が皆チャイニーズが好きとは限らないし.”

JJ君”そうだね.でも,チャイニーズだったら
   蘇家小館がいいなぁ

JJ君と目が合った私
彼も

J君は,場所がぁ~とかブツブツ言ってましたが
結局,蘇家小館メニューからも選択

そして,本日のランチ
メニューは
イタリアンから,2品
チャイニーズからは,9品!!

(残念ながら,ジャパニーズはナシ

私たち夫婦,お気に入りジャージャー麺もありました.
このメニュー,JJ君も大好きと言ってました.

久々に食べたジャージャー麺
やはり,美味

アメリカ人たちにもOKだったもよう.

私たちの中ボスは,中国出身なのですが
このチャイニーズ・レストランを知らなかったとのコト.
食べてみて,
”これは,リアル・チャイニーズだわ!”
とビックリしてました.
”お店の場所を教えて!行かなくっちゃ”
とも言ってました.

それにしても
こんなにたくさんの蘇家小館メニューを一度に楽しむのは初めて
ついつい食べ過ぎてしまいました(笑)

満足満足

yoshi 
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。