住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャンセル,その後・・・
2007年04月11日 (水) | 編集 |
ちょっと間があいてしまいましたが、

雪のちらつく中,出かけた先は・・・

やっぱり,の,【ナイアガラ】(爆)

だって,行くところないんですもん┐(‘~`;)┌

さすがに,気晴らししましょ,の気分でしたから・・・
まぁ,どこでも,いってみよかーという感じです.


結構な冷え込みの中,先日も覗いたカナダ滝,
もう一度よってみることにしました.
駐車場にもだいぶ車が増え,観光客も着々と増加中

もう少ししたら(気温次第ですが)霧の乙女号も開始され,
風の洞窟ツアーも,始まり,
まさに,オン・シーズンとなるのでしょう.

とはいっても,まだまだ気温は氷点下.
前々日,前日も雪が降り,雪がいったん融けた場所も
再び雪化粧.

しかも,今回は風の向きが・・ちょうどアメリカ側に向かって
吹いており,冷たい冷たい水煙が霧雨のように降りしきってます


正直,寒い!
冷たい!

痛い!!!!!!

それでも,先日は少々汚れていた氷も新しい雪でまたきれいな白に.
やはり,見栄えは全然違いますね.
木々の枝枝にも,再び水煙が凍りつき,
ちょうど1月ごろの景色と見まごうばかり.
風が吹くたびに,枝がミシミシときしんで,中には
枝ごと折れて落下したりしています.



それでも,滝はやはりきれいですね.

しかし,何より.足下が!!!!!
つるんつる~~~~~~んの,スケートリンクに!
ある意味,真冬よりも怖いことになっており...
(防寒装備もちょっと手抜きをしたのもあり...)
恐怖キョウフきょうふ!!
DSCF4273a.jpg



で,ありますよ.
お土産物屋さんの周りも,しっかりスケートリンク.
実際乗っても割れることもなく,結構な暑さの氷です.
中には転んでしまうお子さんも,
アブナイアブナイ.


さて,今日は,いつものテラピンポイントから滝を眺めた後,
Three Sisters Islandにいってみることに.
カナダ滝のほんの少し上流にある小島です.
滝へ向かって,激流と化したナイアガラ川を肌で感じられるとともに,
四季折々の自然を楽しむことができる小さな島です.
真冬は,立ち入りができないのではないかと思ってまして.
いってなかったんですが,今回は,雪が融けてるかも,.と期待して,
いってみたら・・・


全然立ち入り禁止になど,なってませんでした

除雪もしっかりできてましたしね.

そんなわけで,極寒の中,お散歩してみる
橋から川を見下ろすと,
枝が垂れ下がって川の流れに触れているところが,なんと凍ってました!

CIMG2132a.jpg


うおぉぉぉぉ.
やはり,かなりの水温なんでしょうねぇ...ブルブル

川に近づいてみると(ちなみに柵はアリマセン!)
水際にある岩岩も,凍りついていました.
大きな岩の下には,まるで氷筍というか,つららというか....
氷の柱がカーテンのようにできてました!
こういう氷は初めてみたので,寒さで指が凍えつつ,写真写真

CIMG2147a.jpg

DSCF4280a.jpg


おもしろいですよね.

今までの,[冬のナイアガラ]とは,ちょっと毛色の違う,
[冬の景色]をお届けです(笑)


そうそう,この日は,土曜日.
イースター(復活祭)を翌日に控えていたのですが,
時折雪のちらつく,超極寒の中・・・

CIMG2162a.jpg



BBQを楽しむグループを発見いたしました...
はっきりいって,氷点下です.
体感温度はおそらく−10℃以下でしょう
そんななか・・・・
男性陣はBBQで焼き係
女性&子供陣は,テーブルに食事をセッティング.

しかも,頭には,バニーのカチューシャ・・・・

うーーーーーーーーん.
いくら,イースターだからって...
前々から行くことをきめていたのかもしれないですが,
この天気,この気温!極寒ですよ!極寒!
ぜんぜん,楽しそうに見えませんでしたが....

いろんな人がいるものですね...
(でも,さすがに公園中で,1グループだけでしたよ...


さて,ナイアガラの滝をちょこっと見た後は,
前回はカナダ側に行きましたが,最後の最後で何かあっても面倒なので,
今回はアメリカ側で,北上し,オンタリオ湖にいってみよう!作戦.

ナイアガラの滝を通過した後,オンタリオ湖に流れ着くまでの数キロ,
ナイアガラ川は峡谷を形成しています.
大小さまざまなトレイルもあり,森の中の散歩?を楽しむこともできます.
いつもは,カナダ側から見る,ワールプール(渦巻き)を,
今回はアメリカ側から見てみよう!!でんでん♪


ケーブルカー(スパニッシュエアロカー)の全貌も見え,
なかなかの景観
少々,氷もたまってました.
CIMG2163a.jpg


しかし!

何と言っても,寒いのだ~~~~~~~~~~~~~~~

というわけで,もちろん今回は歩くこともなく.
車へ退散!
いやー車内のあったかいことといったら!


ほこほこしながら,とりあえず,オンタリオ湖を目指します.
オンタリオ湖への入り口付近は,
かつて,米英戦争の際の激戦区の一つだったため,
アメリカ側とイギリス領であったカナダ側の
ナイアガラ・オン・ザ・レイクには,ナイアガラ川をはさんで,
同じように砦(要塞)の跡が残っており,資料館などもあります.

カナダ側は,フォートジョージ
アメリカ側は,フォートナイアガラ
(フォートは[砦]だからしょうがないにしても,ヤヤコシイ

アメリカ側は,State Parkの一角に資料館があります.
CIMG2172a.jpg


ここは有料なので(笑),とりあえず,資料館はおいといて,
オンタリオ湖を眺める

CIMG2171a.jpg

いやー
相変わらず,海のようですね~~~~~
天気がよければ,
対岸にあるトロントのCNタワーなどが見えるんですが..
今回は,ムリ
それでも,五大湖の一つであるオンタリオ湖の雰囲気は味わえたかな.

ま,ここも,なにせ寒くてですね.
写真を撮ったら車に退散(コレバッカリ).

そのまま.ドライブがてらオンタリオ湖畔をしばらく走り,
我が家の近くを通る幹線道路をひたすら南下して,家路につきました.


昨日,すっかり『最後の晩餐』をにぎやかにしたけれど...
もう一回できることになっちゃいましたので・・・・

せっかくなので,またまた同僚に声をかけ,
たこやきパーティーをいたしました.
少しは気が晴れたかしら?!

私たちも楽しかったです(うん?なんか,違う?)


翌朝,朝,ネットで運行状況をみてみると,とりあえずは大丈夫.
それでも,ドキドキしながら,空港へ.
今度は,振り替え便なので,ダブルブッキングが怖い(・・;)
席がない!とか,いわれたらもう,泣きそうですよね・・・・

チェックインカウンターにいくと,昨日と同じ係員.
相変わらず忙しそうですが(なぜか窓口一人しかいない),
時間が少々かかった以外は,大きなトラブルもなく,チェックイン完了.

ああ.よかった.
とりあえず,無事に日本にたどり着くのを祈っているよ.K君.


乗り継ぎ時など,何もないことをいのりつつ,
K君を送りだしたのでありました


一晩明けて翌朝,K君から無事に日本に到着した旨のメールが届き,
私たちも,改めて一安心した次第です


いやー

こういうことって,本当にあるんですね.

やはり,時間には余裕をもって,空港に向かうべし
もしくは,乗り継ぎなども,余裕をもつべし

と,改めて,肝に銘じた一件でした.

K君もいろいろあったけど,バッファローでの短期留学が,
よい思い出となり,
今後の彼の人生に少しでもプラスになってくれますように.


頑張ってね~~~


tomo

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。