住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国外脱出!!
2006年10月10日 (火) | 編集 |
さてさて、日曜日は快晴でナイアガラ日和
まさにまさに。土曜に比べると最高気温も7-8度高く、
朝から日差しが強い強い( ゚д゚)

これはぁぁぁ~~~~虹が期待できるぞぉ~!!!

と、朝9時頃に出発。
ばびゅんと車でナイアガラへゴゥ!

さすがにそろそろシーズンは終わりなんですねー
9:30過ぎに到着した時には、駐車場はまだまだ車が少なかったです。
んが。
近づく前から、大きな虹が見えました!
おおおお。これは、近くに行ったらスゴイゾ。
と、さっそくてくてく

いや~~~~~!!
久しぶりに、ものすごく綺麗に虹が見え、雲ひとつない青空に映えること!
日差しが強いのか、七色くっきり見え、しかも、ダブル
カナダ側のスカイロンタワーと虹と空。
DSCF3620a.jpg

いいものですね。
虹をみるとなんだかうれしくなるのはなんででしょう?

さてさて、テラピンポイントからカナダ滝をめでた後は、ゴート島をお散歩。
Three sisiters’ islandへ。
ここは、カナダ滝の少々上流にあり、木々と流れの風景が素敵なところです。
紅葉はおもったよりもしていませんでしたけど、なにせ天気がサイコウでしたので。
綺麗でした!

さてさて、またもてくてく
アメリカ滝・ブライダルベール滝も堪能~~~~
いやー今日は特別に暖かいとはいえ、
風の洞窟ツアーでびしょぬれになったら寒そうだなぁ( ;∀;)
今回は、遠くから眺めるだけということで・・・

さてさて、アメリカ側から虹と滝を堪能したところで、カナダ側へゴゥ!
まだあまりこんでいないレインボーブリッジからカナダ側へ!
カナダ側から滝を見る前に、まずは~~~お昼ご飯!
目指すはナイアガラ・オン・ザ・レイクのワイナリー!!!

途中、ワールプールに寄り道。
水の渦巻き、紅葉、と、綺麗でした。
DSCF3649a.jpg

オンザレイクの我が家お気に入りのワイナリーにはレストランがあり、
いつも気になっていたのですが、今回ようやくタイミングが合いました!
いえぇ~~~い
食事はおいしかったです。ふふふふふ。
お外の席で、気持ちよく!
ちなみに、スモーク豚と、本日のパスタ(トマト)。
DSCF1116a.jpg
DSCF1117a.jpg

どちらも美味美味
ご満悦

友人にはワインのテイスティングを楽しんでいただき、
我が家もワイン購入。
会いたかった日本人スタッフの方にも偶然会え、わーいわーい
(今回は日本からのツアーが入っており、ものすごくたくさんの日本人が
来訪してました。おおおおおおおびっくり)

さてさて、
おなかを満たした後は、オンタリオ湖を眺め、
オンザレイクの街中を散策。
しかし、ここもものすごい人で・・・(もちろん日本人も)ビックリビックリ。

あれよあれよと、時間は15:30過ぎ。
それにしてもなんと順調な行程・・・びっくりです。
日が高いうちに、ナイアガラフォールズまで戻り、カナダ側から滝を見ねば!

ということで、ばびゅん
やっぱり近いなぁ。。。。16:30前にはナイアガラフォールズへ到着!
まずはぁ~~~~
スカイロンタワー!
エレベータでばびゅん!と上にあがると・・・・
DSCF3652a.jpg
DSCF3653a.jpg


予想通り、とても綺麗に滝が見えました。
アメリカ滝とブライダルベール滝。
そしてカナダ滝。
夕方といっても今日の日差しは強いのでバッチリ
う~~~ん。
今日は本当にいいお天気です!
上からの眺めを楽しんでから下に降り、川沿いにカナダ滝までてくてくお散歩
風向きで飛んでくる、霧雨のような水煙を浴びながら・・・
午後はカナダ側から虹とともに滝が綺麗に見えました。
お日様万歳
迫力も満点!
DSCF3661a.jpg
DSCF1152a.jpg


ぐるりとお散歩して時間は18:00過ぎ。なんと順調な!
さぁて、今晩のメニューはスデニ決まっております。
家に帰って晩餐だ!!
と、今までで初めてなくらいすいた(待ちは車2-3台!)国境の橋を通り抜け、
いつも緊張の走るアメリカ再入国へいざ!!!

さて、友人夫妻と我々のパスポートを差し出し、何を聞かれるのかドキドキ。
税関のお兄ちゃん、まずは我々の顔とビザチェック、終了(仮)
友人夫婦も同様に・・・
と、思ったら、おもむろに
『I-20』は持ってるか?持ってないのか?”

へ?
『I-20』って・・・・聞いたことないけど・・・・ナニ????
へぇ??
・・・“イヤ、持ってませんが・・・・”
“その先に車を停めて、二階のオフィスに行け”
ナニィィィィィィ~~~~~なんでえ~~~~~~

しかし、4人全員分のパスポート・書類を取り上げられたので、行かざるを得ず。
おろおろしながら(しかも、さっぱりワケがわからない)
エレベータで二階にいってみると・・・・・
人がいっぱい(・◇・)アヤヤナンデスカコレ?
こんなにいっぱい人がいたら、どれだけ時間がかかるんだ?????

部屋の奥にはA.B.Cと書かれた電光掲示板。その下に10・8・6・と番号。
これって待ち番号?でもでも、税関で、なにやらかかれた紙を渡されましたが、読めるのは『J』
そんな表示はありません
壁に書かれていることには、
『名前を呼ぶまで座って待つように』
座る場所なんかないくらい人居るし・・・

こんな順調に今日は回ってきたのに・・・・ここでひっかかるとは思いもせず
がっくんちょ。
いったいいつ呼ばれるのかわからぬまま・・・・
時折名前を呼ばれ、ドアの向こうで面接をしている人有。
中には入らず窓口で一言二言話で終了の人有。
・ ・・ほとんどのひとは、数分で終了・・・・
かなり待っているらしく、顔には疲労苛立ちが・・・・
(終わると安堵より怒りの表情
30分ほどが過ぎても、呼ばれる気配はもちろんなく、
呼ばれて終了していくひとより、新たに部屋に入ってくる人の方が多い。
しかも、ちょっと聞き耳をたてていたら。。。。

たぶんアメリカ人でしょう、
『どのくらい待ってるの?俺は4時間経ったよ・・・』
ま・マジデ????
上記の電光掲示板の番号も、まったく動く気配なく。
(まぁ、待ち人数では、ないわけだ)

これはぁ。。。。。
しかし、ナニをどう考えても、落ち度はない。
必要な書類はすべてあるし。はんこやサインもある。
I-20という書類があるのかないのか、存在もしらないけれど、
ナンナンダ!

と、半分ハラをくくったころ、呼ばれました。まず友人・そして我が家
窓口で終了。無罪放免
一分
I-20という話は出ず

・・・・結局のところ、かなりの確率で、何でもなかったと。
あるべき物はすべてあり。
アタリマエといえばアタリマエだけど・・・・

最終的には足止め一時間。
税関の窓口の最初のお兄ちゃんの勘違い(無知?)と・・・思われます
いつも聞かれるような、『何か買ったか?』『申告するものは?』
なんてぇ質問も、まっっったく、ありませんで

もーーーーーーー
7:00には家に帰れたのに~~~
到着は8:00過ぎでした。
車の中でもご飯中もお兄ちゃんへ非難ゴウゴウヽ(`Д´)ノ
まぁ、話題には事欠かなかったけれど、楽しい晩餐でした(笑)

家に帰ってきてからあまりに気になるので『I-20』なるものを調べて見たところ、
学生ビザ(Fビザ)に関する書類のようです。
研究留学(Jビザ)である我々が聞いたことがないわけです・・・
書類自体が“存在しない”ということはありませんでしたが、
つまるところ。。。。やはり、おにいちゃんの知識不足だったわけですな。。。。

はぁ

ま、ネタができたし、一時間で済んだし。
結果オーライ。

久しぶりにカナダ側も満喫できたし。
天気もよくてさいこーでした。
友人も、疲れたとは思いますが・・・・楽しんでくれたようでなによりです。



いろんなことがあるもんだ!

tomo


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。