住みなれたニューヨーク州 バッファローから,ペンシルバニア州 ピッツバーグに引っ越してきた yoshi,tomo,そして,ピッツバーガーのぴょん吉&マリオ、4人の日々のドタバタを記したブログです.
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めての遊園地
2006年07月10日 (月) | 編集 |
昨日の7/8,
職場のピクニックがありました.

場所は,Six Flagsという遊園地
この辺では,もっとも大きい遊園地のひとつ
遊具乗り放題
もちろんプールもOK
普通に一日券を購入すると$35
それが
昼食付きで,なんと1人$10!!
これは行くしかありません(笑)

私も奥さんも
アメリカでオーソドックスな遊園地に
行くのは初めてです.

当日,同僚家族と共に
アパートを出発!

アパートから小一時間で到着
入り口で案内図をもらい見てみると
結構な大きさ
だし
楽しみ楽しみ
DSCF2892a.jpg


お子さんのいる同僚家族と一時別れ
私たちは,
乗り物にチャレンジすることに
奥さん,ジェット・コースター系の乗り物は

なもので
お子様も乗っているアトラクションがあったので
それらのうち,2つに挑戦
しかし‥‥
どちらも予想外に動きが激しくてビックリ

その後
同僚家族と合流し昼食をとり

子供エリアに行く同僚家族とまたまた一時別れ
別のアトラクションへ
今度は
ここの目玉?
"SUPERMAN RIDE OF STEEL"
という,おそらく最も激しいアトラクションに挑戦
DSCF2917a.jpg

もちろん私だけ乗りました.

スピード◎,落差がカナリあり,スリル満点
めちゃくちゃ面白かったです!
大満足

同僚夫婦,奥さんは苦手で
スリル=恐怖>快感
私は
スリル=快感>恐怖感
らしく
脳のシナプスの連結具合が違うのではないか?
という結論に‥‥

同僚家族と合流し
浮き輪に乗りすべり落ちるタイプの
ウォーター・スライダーに挑戦
お子さん不可だったので
水着を持っていた私と同僚だけで愉しむことに

そこで
面白い光景にあいました

結構,遊園地内で
ムスリムの女性(ムスリマでしたっけ?)を見かけ
しかも,いろいろなアトラクションに参加していて
案外アクティブなんだなぁ
と思っていました.

ウォーター・スライダーにもムスリマ(仮)がいたのですが
無論,長袖・長ズボン・スカーフ装備
お子さんの付き合いか?
と思っていたのですが,迷うことなく浮き輪を手にしました!
そのまま,
スライダー上部へ向かう,階段を

しばらくしたら
勢いよく滑り落ちてきて,プールへザブンッ
同僚と2人で( ; ゜Д゜)
アリなのだなぁと思いました

キッズ・プールで遊んだ後
観覧車へ

ナイアガラへ行く途中にも遊園地があり
観覧車が見えるのですが
回転速度が速いんです

日本は
常にゆ~~っくり回転していて
最下部で乗降しますよね
こちらでは
一旦停止し,数組まとめて乗降
そしてグルグル回転
一回転で終わりではなく,数回転して終了
(これがアメリカの観覧車のスタイルらしいです)

なもので
空中で一時停止し,乗降待ちの場合が間々あります
そんな合間にパチリ
DSCF2936a.jpg

パンフを見てみると
The Giant wheel(巨大車輪?!)
とあるので,
看板に偽りなし
といえば,そうなんですが‥‥
(あくまで,アトラクションなんですね~~~
『1人で座れないお子さんは乗ることが出来ません』
う~~~ん,観覧車がなかったら,誰でも楽しめる乗り物が
皆無になってしまうじゃないかぁ・・・・)


その後
巨大木造ジェット・コースター"THE PREDATOR"
DSCF2912a.jpg

に同僚と共にチャレンジしました.
木造だけにガタガタしてて,ちょっとヒヤヒヤ
面白かったです
それにしても
苦手にも関わらず,付き合ってくれた同僚に<(_ _)>

そして,もう少し遊園地内を冷やかしてから帰路に着きました

Six Flags
DSCF2960a.jpg

ナカナカ面白いスポットです
シーズン・チケット,一考の価値ありかもしれません(笑)

yoshi&tomo
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。